音楽制作の流れ
〜曲が完成するまでの過程〜

普段みなさんが聴いている市販されているCDやiTunes Storeなどで購入した音楽は、大きく分けると楽曲制作(作詞/作曲/編曲)・レコーディング・ミックスダウン・マスタリングという順序の制作過程を経ています。

作詞や作編曲だけでなく、DAWソフトを使用してミックスダウンやマスタリングをご自身で行っている方は、すでに経験済みだと思いますが、ミックスダウンやマスタリングのときのコンプレッサーやイコライザーなどのエフェクターはコツをつかむまでは本当に大変な作業です。

しかしコンプレッサーやイコライザーなどのエフェクターのコツをつかむことができなければ、作品のレベルアップをすることは難しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

曲が完成するまでの主な過程

楽曲制作(作詞・作曲・編曲)

人により楽曲制作の手法やプロセスは違いますが、ポピュラーミュージックの世界では作曲・編曲(アレンジ)が先で、仮歌やシンセのメロディーの上に歌詞を付けて行くという手法が圧倒的に多いです。

現在だと作編曲(作曲・編曲)はDTM・DAWソフトを使用するというのが当たり前になっていますが、作曲に関しては簡単な録音機器(昔で言うラジカセなど)をメインにしている方も多いです。

ラジカセなどにメロディーを残すのは昔からあるスタンダードな作曲法ですが、思い浮かんだメロディーを即座にスケッチ感覚で残しておくというのは、時代が変わっても最強の作曲法なのかもしれません。


 

レコーディング

宅録でのレコーディングだと歌の録音とギターの録音がメインになります。DAWシステムの普及により自宅でも高音質でレコーディングすることが可能です。

レコーディングというと難しいイメージがあると思いますが、パソコンメインの自宅スタジオの場合は簡単に言えばオーディオデータをDAWソフトへ取り込む作業です。

自宅スタジオでのレコーディングでDAWソフト以外に揃えておきたいのは、マイクとオーディオ・インターフェイスです。

この辺りは「はじめての宅録ツール」や「初心者のための宅録スタジオ・ガイド」があたりが参考になると思います。


 

ミックスダウン

ミックスダウンはレコーディングした各パート(トラック)の様々なサウンドの音量や定位をバランスよくミキシングして、ステレオ・2トラック(2MIX)にまとめ上げる作業です。

エフェクターの設定など多くの方が頭を悩ませる作品のクオリティーを大きく左右する作業ではありますが、しっかりと編曲やレコーディングができていないと、いくら時間を掛けても上手くは行きません。

またプラグイン・エフェクトを多数使用するので、ストレスのないミックスダウン作業のためにはスペックの高いパソコンも重要になってきます。


 

マスタリング

ミックスダウンが終わると最終行程のマスタリングです。マスタリングには大まかに分けると、音圧レベルや質感の補正などの音を作り込んでいく作業と1枚のCDとして聴いたときに不自然にならないように各曲の音量などのバランスを取って行き調整する作業があります。

最終行程ということもありマスタリング作業で市販されている楽曲と自分の曲とのクオリティーの違いに気付く方も多いです。

この作業ではマスタリング・エフェクターであったりミックスの良し悪しが重要になると同時に、効率の良い作業の決め手となります。


 
 

DTM・DAWの音楽制作必勝講座 TOP