マイク&ヘッドフォン
〜ボーカル録音に必要なツール〜

初心者の方のために自宅スタジオで良い音でボーカルを録音するのに必要な「マイク」「ヘッドフォン」「DAWソフト」「録音時のノイズを減らすツール」などのボーカルを録音するのに必要なツールを3ページに渡り説明しています。

ボーカル録音ツール

ボーカル用マイク

DTM、DAWユーザーにはカラオケ用マイクを使用している方から、プロのスタジオで使用されるマイクを自宅で使用している方など様々な方がいますが、言うまでもなく、まず歌の録音にマイクは必要です。

ダイナミックマイクやコンデンサーマイクについては「音の入り口マイク講座」で解説していますが、現在、安いマイクを使用している方は、もし物足りなかったら、新たにマイクを購入すれば良いと思います。また物足りなさを感じるようになったら本物ではないでしょうか。

自宅スタジオでよく使用されているSHURE(シュアー)の「SM58」やRODE(ロード)の「NT1-A」などの、低価格でも高音質なマイクのことは「低価格スタジオ・マイクの定番」で紹介しているので、そちらを参照して下さい。

他のマイクを購入しても遠回りになるだけなので、初めてマイクを購入する方はダイナミックマイクならSHUREの『SM58』、コンデンサーマイクならRODEの『NT1-A』で良いと思います。


 

録音用ヘッドホン

当たり前ですがオケの音を聴きながら歌を録音します。その際に、オケをスピーカから出して、それに合わせて歌うと、マイクがその音を拾ってしまうのでヘッドホンを使用します。

レコーディングのときは自分の歌声とオケの音がヘッドフォンから出るようにします。ヘッドホンを選ぶときには、ヘッドホンからの音漏れには気を付けましょう。

よくTVなどのレコーディング風景で目にする方も多いと思いますが、SONYのヘッドホン『MDR-CD900ST』などはレコーディングスタジオなどでは定番のヘッドホンです。

どのヘッドホンを購入してよいのかわからない方は、基準のヘッドホンで持っておいて損はしないので、価格もそれほどしないので、SONY『MDR-CD900ST』をオススメします。

本格的な音楽制作をしようとしている方は、情報不足で妙なヘッドホンを手に入れるのだけは気をつけましょう。

定番のヘッドフォンについては「宅録スタジオ・ヘッドホン」で紹介しているのでそちらを参照して下さい。


 
 
 


 

ボーカルの自宅録音講座 TOP