マイク購入のススメ
〜自宅録音用のマイク(初級編)〜

どのようなマイクを選べばよいのか

コンデンサーマイクの特性が必要か?

コンデンサーマイク

マイクを購入するときに「どのようなマイクを選べば良いのか?」本当にたくさんあるので迷うと思います。

当サイトの「音の入り口マイク講座」の記事を読むと、本格派ボーカリストを目指す人は予算があるのなら感度が良く広範囲の音を拾うことができる『U87』のようなコンデンサーマイクにしたいと思うことでしょう。

ただしここで考えてほしいのは、果たして現在の自分にコンデンサーマイクの特性が必要かということです。感度が良く広範囲の音を拾うということは、それだけ使いづらかったりもします。

ボーカリストの方が形から入るというのは、ももちろん重要だとは思いますが、個人的には闇雲に自分の声の特性を知らずに高額なコンデンサーマイクを選ぶのなら、安額でも良いマイクはありますので、ダイナミックマイクなたSHURE『SM58』、コンデンサーマイクならRODE『NT1-A』のような定番の低価格スタジオ・マイクを選ぶことをオススメします。

そして、ボーカルをパソコンへの取り込む際に必要なオーディオ・インターフェイスやDTM・DAWソフトをはじめ、ソフトシンセ、プラグイン・エフェクターなどに費用を回して、ある程度パソコンを使用した楽曲制作を覚えることをおすすめします。

どんな良いマイクでもオーディオ・インターフェイスの性能が悪いと意味がなくなりますので、特にオーディオ・インターフェイスには気を使ったほうが良いです。

マイクシュミレーター

マイクシュミレーター

すでに、自宅レコーディング用のダイナミックマイクやコンデンサーマイクを所有している方で、次のマイク購入を考えている人もいると思います。

そんな人はマイクシュミレーターを紹介している「マイク選びの裏技」を参照して下さい。マイクシュミレーターはセカンドマイクの購入の際もそうですが、それ以外のミックス作業の用途などにも役に立ちます。

 
 

DTM・DAWのレコーディング講座 TOP