マスタリングとは
〜曲の音圧と迫力〜

最近マスタリングという言葉を耳にする人も多いのではないでしょうか?誰でも手軽にCDを焼けるようになり、自分の曲をCDに焼いて聴いてみたり、自分の作った曲をパソコン上で、iTunesやiPodなどのメモリープレイヤー用にmp3に変換して聴く人も増えています。

しかし、実際に市販されている曲と同じ条件で自分の作った曲を、手軽に聴き比べができるようになったものの、iTunesなどに取り込み、市販されている曲と自分の曲を並べて聴き比べたときに、自分の制作した曲の音量が小さかったり、迫力がないと感じている方は、かなり多いと思います。

それではなぜ市販されている曲は迫力があるのかと言いますと、市販されている曲はミックスダウンが行われた後に、最終行程であるマスタリングという作業が行われているからです。

マスタリングの作業

音圧レベルや質感補正

マスタリングには大まかに分けると、ミックスダウンした2Mixの音源にEQやコンプ、リミッター、マキシマイザーなどのエフェクターを駆使して音圧レベルや質感の補正などの音を作り込んでいく作業と、1枚のCDとして聴いたときに不自然にならないように各曲の音量などのバランスを取って行き調整する作業があります。

プリマスタリング

初心者向けガイドなので補足として記載しておきますが、この作業の後にCDに書き込まれたり、MP3ファイル等へ変換されますので「音圧レベルや質感補正」は正確にはプリマスタリングです。

しかし暗黙の了解的に、マスタリング・エンジニアが行う2MixのEQ調整や最終レベルを決定する作業のことをマスタリング作業と多くの人が呼んでいます。

そのため、プリマスタリングをマスタリングと呼んでも、まったく問題はなく、それで話は通ります。

むしろ、DAWソフトで誰でも簡単にマスタリング作業を行うことができるようになった時代に「それってプリマスタリングだよね?」というような感じで、「音圧レベルや質感補正」の話をしているときに、水を差す人に違和感を覚える人のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。

 

脱アマチュア! マスタリング

最近は楽曲コンペなどでも、サウンドクリエーターがミックスダウンからマスタリングまで行います。

マスタリングはプロを目指すアマチュアの人(特に作編曲家志望の人)にも作品のクオリティーを決める大事な作業のひとつとなってくると思われますので、ぜひマスタリング講座を参考にしてみて下さい。

このサイトのマスタリング講座とWEBマガジン『ミックス & マスタリングのコツとテクニック』では、レベル補正と質感の補正を中心に説明しています。

仕上がった作品にアマチュアっぽさが出てしまっていて、今ひとつな方などはミックスダウン同様にマスタリングがポイントです。

尚、現在はマスタリング関連書籍も充実してきています。またマスタリング・ツール「WAVES L3」が登場してからは、音圧レベルに関しては、悩む人は少なくなっていると思います。

 

 

マスタリング関連記事ピックアップ

ボーカロイド時代のミックス&マスタリング

DTM・DAWの音楽制作必勝講座の10周年特別講座「2MIX向上のための処方箋 -ボーカロイド時代のミックス&マスタリング-」を2016年に公開を開始しました。最後にインサートするマスタリング・プラグインには「T-RackS Stealth Limiter」を使用しています。

2MIX向上のための処方箋
 

オススメのミックスダウン&マスタリング書籍
レコーディング&マスタリング・エンジニアの葛巻善郎さん著の『マスタリングの全知識 〜CDから配信まで〜』が2008年に発刊されて以来、本当の意味で役に立つ数多くのミックス&マスタリング関連の書籍が…

 

マスタリング・プラグイン WAVES L3の特徴
今ではあまり取り上げられることはありませんが、かつて加熱していた「音圧競争」「音圧至上主義」という言葉を知っている方もいると思います。音を歪めずにギリギリまで音圧を稼ぐ0.1dB単位での調整が…


マスタリングとは/ページ更新日:2017年03月25日



マスタリングの基礎講座 TOP