ミックスダウンのコツ2
〜メインパート中心に処理をする〜

歌がメインの曲での主役はボーカルであると「ミックスダウンのコツ1 〜メインパートを明確にする〜」では書きました。当たり前のようなことですが、自分の曲になると、これが意外と冷静になれないモノです。

トータルのバランスを考えてミックスダウン

楽曲はボーカリストのモノ

当サイトの募集企画と関係なくデモ音源を送ってくれる方も結構居ますが、特にアマチュアバンドだと、どうしても自分のパートや打ち込みで時間の掛かったパートを強調したがる傾向があります。

これは歌がメインの曲では「楽曲はボーカリストのモノである」という基本的なことを忘れて、ボーカリストのことを考えないで作詞する作詞家志望の方にも言えるかもしれません。(かなり多いです。)

引き立て役にする

ボーカロイド『巡音ルカ』

引っ込みっすぎというのも、それはそれでまた問題がありますが、素晴らしい演奏や打ち込みであれば、ミックスのバランスを崩してまで強調しなくても聴く人が聴けば分かります。

そのためミックスダウン時には各パートのバランスを考えて、愛着のあるパートでもボーカルがメインの楽曲ではあえて引き立て役にすることも覚えましょう。

トータルのバランスを考えて音楽制作することができない方は、なかなか大成はすることは難しいと思いますので、ミックスダウンの作業の際は上記のしたことを気に留めておくと良いと思います。

最近は右上画像のバーチャルボーカル音源の『ボーカロイド(VOCALOID)』などがあり、とても人気があります。(尚、はじめてボーカロイドを導入しようと考えている方には「VOCALOID4」がオススメです。)

あらかじめ「ボーカルも楽器の一部である」というコンセプトの元に楽曲制作をしている方は別ですが、やはり『VOCALOID』を使うときもボーカルがメインの楽曲の場合は同様です。

ミックスダウン上達へのキッカケ

サウンドWEBマガジン

ミックスダウン & マスタリング

現在公開している脱素人クオリティーを目的としたWEBマガジン『ミックスダウン & マスタリングのコツとテクニック』のデモソングも上記の方法でミックスしています。

第13回の「ラフミックスの制作とミックスの順番」が参考になるのではないかと思います。

ミックスダウン実践講座である「ミックスダウンの必勝スキル講座」では上のミックスダウンの手順で、音色、定位、周波数、各パートの絡み具合などを意識して、EQで重なった周波数帯域をカットして行く方法や、ドラム、ギター、ベース、ボーカルのコンプの掛け方をはじめとする各パートのエフェクト処理の仕方などを紹介してゆきます。

質問をベースにして作成した「サウンドWEBマガジン」と「ミックスダウンの必勝スキル講座」はミックスダウン上達へのキッカケをつかむことができるのではないかと思います。興味のある方はチェックしてみて下さい。

 
 


ミックスダウンのコツ2/ページ更新日:2017年03月22日



ミックスダウンの基礎講座 TOP