作詞の基礎講座2
〜メロディー先行での作詞のほうが良い理由〜

作詞講座1の「作詞家の心得編」でも書きましたが、ポピュラーミュージックにおいて詞は大変に重要です。どんなに良い曲で、どれだけボーカルが素晴らしくても、詞が悪いとすべてが台無しになってしまいます。

当サイトに寄せられた質問メールで、多かったのは「詩」と「詞」の違いについてと、メロディー先行での作詞についてです。「詩」と「詞」の違いについては「作詞家の心得編」で触れたので、今回はメロディー先行での作詞について説明します。

今回の作詞講座では、仮の作詞の依頼内容を元にして「どうしてメロディー先行での作詞の方が良いのか?」ということを中心に、説明したいと思います。

詞先による曲作りの制限

詞先での曲作り

ネット上でも「私の詞に曲を付けて下さい」という作詞家志望の方をたくさん見かけます。もちろん詞を「書きたい」という気持や、「書く」と行為自体は作詞家の道を志す人にとって、とても良いことだと思います。しかし、シンガーソングライターの方や、趣味で作詞(作詩)をしている方は別として…(つづきを読む

 

作詞が先だと

前回の仮の作詞の依頼でのシチュエーションで、普通の感覚を持っている方なら「負けない」「勝つ」というようなキーワードが思い浮かび、そのキーワードを軸にして詞を書いて行くと思います。そして「僕たちは必ず勝つんだ」というフレーズをサビに持ってきたり、曲の構成などを試行錯誤しながら…(つづきを読む

 

作詞家のセンスとメロ先の利点

曲が先の作詞

作詞が先だと曲作りに様々な制限が生まれ、不自然で面白味に欠ける曲になってしまう可能性が高いのに対して、作曲が先だと作曲家と作詞家の能力にもよりますが、言葉とメロディーの絡みによる「独特の気持良さ」「スピード感」「勢い」などが失われるということがなくなり、楽曲制作の可能性を…(つづきを読む

 

メロ先での作詞の様々な利点

メロディー先行での作詞の利点は前述したことだけではありません。例えば「言葉の数」「リズム」「響き」などの関係で、メロディーの一部を変更したい場合などがありますが、作詞が先の楽曲制作と違い、メロディー先行での作詞の場合は、微調整も容易で非常に融通が効きます。言うまでもないですが…(つづきを読む

 
 
 

作詞の講座 TOP