作詞の基礎講座04-01
〜オリジナリティーとポピュラリティー〜

時代と関係なく作詞で大切なこと

リスナーにインパクトを与えるフレーズ

時代が変わっても一貫して作詞で大切なことは、詩的に優れていることはもちろんのこと、メロディーと歌詞がひとつになったときに、リスナーの耳に残り、時には「ハッ」とさせられるようなインパクトのある歌詞を作ることです。

例えば、ミリオンヒットを記録した楽曲であっても、昔のヒット曲の歌詞をすべて覚えていて、歌詞カードを見ずに、歌うことができるというような、リスナーはマレで、ほとんど居ないと思います。

しかし、昔、良く聴いていた曲のワンフレーズだけは覚えていて、その箇所だけは、今でも歌えるというリスナーは少なくありません。

これはCMなどとのタイアップの関係もあり、特にサビのフレーズが多いですが、インパクトを与えたフレーズというのは、どれだけ時間が経ってもリスナーが忘れることはありません。

インパクトを与えるフレーズのヒントについては作詞の基礎講座 完全版04-03「音の響きを重視して歌詞の言葉を選ぶ」で、簡単に触れていますので、そちらを参照してみて下さい。

 
 

オリジナリティーとポピュラリティーのバランス

作詞家を志している方にあえて説明する必要もないと思いますが、誤解を与えてしまうと申し訳ないので書いておきますが、インパクトのある歌詞とは、人の使わない過激であったり、メチャクチャで、分かりづらいことを書いた詞のことではありません。

これは作詞だけでなく、楽曲制作全般に言えることなのですが、特にポピュラーミュージックの世界では「オリジナリティー」と「ポピュラリティー」のバランスが大切です。

ここで「オリジナリティー」と「ポピュラリティー」のバランスについて書くとかなり長くなってしまうので、「作詞家プロへの道」を参照してください。

少し意味を含んだ言い方をすると、自分の他に誰かが存在する限りは、個性のない人間というのは一人もいないということです。

 
 

<次の作詞講座>
次の作詞の基礎講座04-02「社会情勢と一般常識」では、作詞でも、社会情勢を知り、一般常識を身につけることが非常に重要であることについて説明しています。


 

作詞の基礎講座04 -作詞における言葉の響きとインパクト- TOP