作詞の基礎講座02-01
〜詞先による曲作りの制限 - 作詞家の心得講座〜

詞先での曲作り

曲自体がつまらなくなる

ネット上でも「私の詞に曲を付けて下さい」という作詞家志望の方をたくさん見かけます。もちろん詞を「書きたい」という気持や、「書く」と行為自体は作詞家の道を志す人にとって、とても良いことだと思います。

しかし「作詞家の心得編」を読んだ方なら分かると思いますが、シンガーソングライターの方や、趣味で作詞(作詩)をしている方は別として、作詞オンリーで上を目指している方には、正直なところオススメすることはできません。

なぜなら、詞先での曲作りには「言葉のリズムや響きの問題」など、いろいろな制約が生まれてしまうだけでなく、後から変更する際に融通が利かないため、曲自体がつまらないモノになる可能性が非常に高いからです。

 

仮の作詞の依頼

上記したことを、次の「作詞が先だと」「曲が先だと」で以下の仮の作詞の依頼内容を元に、もう少し詳しく説明します。

 

<作詞依頼>
バスケ、サッカー、野球でも種目は何でも良いですが「重要な大試合の前の選手の気持になって作詞をして下さい。」

 

この作詞依頼の曲調は映画「ロッキー」のテーマソング「Burning Heart」「Heart's on Fire」「Eye of the Tiger」や、2009年のWBCで、TBSのテーマソングとなっていた、Journeyの「Separate Ways」曲みたいな音楽を想像して下さい。

 

ピックアップ作品『ザ・ベスト・オブ・ロッキー』

ザ・ベスト・オブ・ロッキー

2007年に日本でも公開された映画『ロッキー・ザ・ファイナル(Rocky Balboa)』のサントラとして発売された『ザ・ベスト・オブ・ロッキー』には、歴代の映画『ロッキー』のテーマソングである「Burning Heart」「Heart's on Fire」「Eye of the Tiger」が収録されています。

また、日本で聴いたことがない人はいないのではないかと思われる「ロッキーのテーマ」の新リミックスも収録されています。

確認しましたが、上記した「Burning Heart」「Heart's on Fire」「Eye of the Tiger」は30日無料のソニーの定額制音楽配信サービス『Music Unlimited』でも聴くことができます。

「自分をあきらめない!」がテーマとなった映画自体も、なかなか良かったです。一度引退してから再度、リングへ上がるロッキーの姿に感動した人も多いのではないでしょうか。


 
 

<次の作詞講座>
次の作詞の基礎講座02-02「作詞が先だと」では、この講座の「仮の作詞依頼」をもとにして、楽曲全体の可能性を狭めることや、制約のなかでの曲作りについて説明しています。


 

作詞の講座 TOP