mp3へエンコード
〜mp3へ変換しよう1〜

CD(16bit、44kHz)からAIFFもしくはWAV ファイルでパソコンで取り込むとファイルサイズが だいたい1曲 50MBくらいです。これだけ大きいファイルでははさすがに気楽にホームページ上で曲を公開したり、メールに添付するということは難しいです。そこでmp3ファイルの登場となります。

mp3の特徴

mp3とは?

mp3とはMPEG Audio Layer-3略称で高い圧縮率で、音質を保ったままデータ量をだいたい1/11に圧縮することが可能なので、1曲のファイルサイズを3〜5MBくらいの容量に圧縮してくれます。

このように音楽などのファイルをmp3等のファイルに圧縮することを「エンコード」と呼びます。DVDで皆さんが見ている映画や音楽ライブなどの動画映像も、mpeg2ファイルに圧縮されています。

mp3の良いところ

mp3のファイルサイズなら誰でも気軽に曲を パソコン上で楽しむことができるだけでなく、ブロードバンドが普及した現在ではホームページ上やブログで曲を公開したり、メールに曲を添付したりすることもできます。ファイルサイズが小さいので気楽に挨拶代わりに使えるのもmp3の良いところです。

最近ではmp3のみでデモ音源を募集する会社も増えてきていて、これからさらに主流になって行くことは間違いありません。mp3へ変換する方法はパソコンさえあれば本当に簡単ですし、知らないうちにかさんで行く郵送料も必要なくなるので、ぜひ習得して下さい。

またCDやAIFF、WAVファイルからmp3へ変換する方法を覚えてしまえばiPodなどのメモリープレイヤーなどの曲の整理にもとても便利です。

市民権を得たmp3

オンラインミュージックストアを利用しようでも書いているように、 iTunes Storeをはじめとするパソコンなどを使い、音楽をオンラインでダウンロード購入するデジタルミュージック時代はまだ始まったばかりでが、思った以上の速度で普及しています。

 

iTunesを使用してmp3ファイルを作成

iTunesのエンコーダー

mp3エンコード1

このサイトではiPodユーザーやMacユーザーにはお馴染みだと思いますが、APPLE社から無料で配布されているソフトウェア「iTunes」を使用してCDやAIFF、WAVファイルから、mp3ファイルを作成する方法を紹介します。

他にも無料でmp3に変換するソフト(エンコーダー)もありますが、エンコーダーによって音質の良し悪しのバラツキがあり、ひどいものになると低音が出過ぎてメインボーカルが聴こえづらくなるソフトもあります。

その点、iTunesのエンコーダーは音質的にも定評がありますし、音楽ダウンロードや再生用にも大変便利で、使い慣れてしまうと手放すことができませんのでオススメです。

Windows版のiTunes

Windows版も無料でダウンロードできるのでお持ちでない方は「iTunes Music Storeとは」のページからダウンロードしてぜひ試してみて下さい。iTunesをダウンロードする際に「Quick Time Player」も同時にダウンロードすると良いと思います。

mp3への変換速度はパソコンのスペックによっても違いますが、映像のエンコードと比べものにならないほど早いです。最近はパソコンが本当に安くなりましたが、3万円台から販売されている低価格なBTOパソコンでも、充分に実用レベルだと思います。

 

iTunesをダウンロードしたら、早速mp3ファイルを作成してみましょう。次のページではmp3へ変換する方法を紹介しています。


 

mp3へエンコード/ページ更新日:2017年03月26日



マスタリングの基礎講座 TOP