作曲に楽譜の読み書きは必要か
〜作曲と音楽理論〜

楽譜が読めるかどうかはナンセンスな時代

作曲するとき音符を書く必要はない

作曲するときに、楽譜に音符を書いて作曲する人は管理人の周りにはもういません。彼等が楽譜を読めるかどうかは話題にすらならないので分かりませんが、読めない人もなかにはいるのではないかと思います。

しかし、彼等はしっかり作曲や編曲ができプロとして音楽で生活しています。早く言えば作曲や編曲するときに「楽譜が読めるか、読めないか」自体が、もはやナンセンスな時代です。

これを読んだ方のなかには、そういう人は「飛び抜けた才能があるからだ」と思う人もいるかもしれませんが、けしてそういう訳ではありません。

シンセサイザーやシーケンサーの普及

EOS B200

1980年代後半からシンセサイザーやシーケンサーによる打ち込みが普及し、DTMやDAW環境が整った現在では、楽譜に音符を書いたり、読んだりという行為自体が、ポピュラーミュージックの世界では、もはや必要なくなったのです。

話は逸れますが、日本でシンセサイザーやシーケンサーがこれだけ一般に普及したのは、1994年の解散前のTMN(TM NETWORK)時代のキーボードでもあり、コントロールタワーでもあった小室哲哉さんの功績が大きいと思います。

YAMAHAのシンセサイザー「EOS B200」と「EOS B500」

EOS B500

小室さんがイメージキャラクターを務め、ライブなどで使用したYAMAHAのシンセサイザー「EOS B200」や「EOS B500」は、シンセサイザーやシーケンサーが難しいという一般のイメージを壊しました。(実売価格はB200が12万円くらい、B500は約18万円くらいだったと思います。)

価格も「EOS B200」と「EOS B500」は当時のシンセでは安い部類に入り、シンセが難しくて高額であると思っていた人との距離大きくを縮めました。

 

作曲に楽譜の読み書きは関係のない

ポピュラーミュージックの作曲

話を戻すとDTMやDAW環境の進歩とは関係なく、もともとロックやポップスをはじめとするポピュラーミュージックは「歌を口ずさむこと」や「楽器を弾いたりすること」のなかで生まれた音楽です。

そのため、楽譜を読み書きができるかどうかは、作曲には関係のないことなので、作曲をしたくても、オタマジャクシ(音符)に悩まされて、作曲を断念していた人や難しいと感じていた人は安心して下さい。

 
 

最終更新日:2014年04月01日

 


作曲と音楽理論 | 初心者のための作曲講座