マイクなどの録音ツールを検討
〜レコーディング講座〜

プロ/アマ問わずオンラインで音をやり取りするのはけして珍しいことではありません。プロでの活動を視野に入れたレベルの高い音楽活動をしたいけれど周りに「音楽仲間がいない」、もしくは「音楽仲間がいなかった」というボーカリストの方が、ネットで作編曲をしてくれるサウンドクリエーターを探し「一緒に高め合って行こう」というのは、最近では良くあることだと思います。

相手に実力を認めてもらう

自分のデモのレベルの音楽仲間

確かにレベルの高いサウンドクリエーターが身近に居る方のほうが珍しいと思うので、ネットで作曲や編曲をしてくれるサウンドクリエーターを探すという方法は間違いではないと思いますが、ボイトレとか歌唱力以前の問題で、ネット上では自分のデモのレベルに見合ったサウンドクリエーターしか見つからないと考えておいたほうが良いです。

また、サウンドクリエーターのレベルもピンからキリまでです。必須スキルになりつつある、ある程度の「ミックスダウン」や「マスタリング」のできないサウンドクリエーター志望の方と一緒に音楽活動をしても、何も結果が出ないで終わる可能性のほうが高いので注意が必要です。

レベルの高いサウンドクリエーターを探し

プロでの活動を視野に入れたレベルの高いサウンドクリエーターを探すのであれば、ボランティアで、見知らぬ人の制作してくれる方は少ないと思います。

そのためマイクをはじめとする最低限の録音ツールを揃えるなどして、サウンドクリエーターにもメリットがあるようなレベルまでボーカルの録音のクオリティーレベルを高め、相手に実力を認めてもらう必要があります。

このことができなければ、ネット上でボーカルの方がメンバーを探すのはかなり難しいです。

 

自宅でボーカル録音

最低限の録音ツールを揃える

マイク「SM58」

もちろんボーカリストにサウンドクリエーターレベルの作編曲、ミックスダウン、マスタリングなどのスキルは必要ありませんが、今までに自分の思い描いたような作品にならないで悔しい思いをされてきた方は、自分で目的を明確にして動かなければ現状を打開することはできません。

そのためボーカル用マイクなどの最低限の録音ツールを揃えて、ボーカルトラックだけを抜き出すことを覚えておいたほうが良いです。それだけでもかなり状況が変わってくると思います。

ボーカル録音は本当に簡単

DAWソフトやMTRを使ったボーカル録音は本当に簡単です。上手く歌えた箇所だけを切り張りして、1つのボーカルトラックを作ることも本当に容易にできます。それだけではなく録音ツールを揃えることで自分の歌った曲を客観的に聴き直すことができるので、ボーカルトレーニングにも役立ちます。

またある程度のキャリアを積めば、楽曲コンペの仮歌などの仕事を自宅に居ながらでき、そこからプロのボーカリストとしての道が開くことができる可能性もあるので、ボーカリストの方が録音ツールを揃えるということを検討する価値は充分にあります。

自宅でのボーカル録音を考えている方は、当サイトだけでなく「初心者のための宅録スタジオ・ガイド」や「はじめての宅録ツール」も参考にしてみて下さい。

初心者の方にも分かりやすいようにDTM/DAWソフトを使用した宅録のことを説明しているので役に立つと思います。

 
 

 
 

 

ボーカリストの自宅録音 | レコーディング講座 TOP