ボーカリストとしての意識
〜レコーディング講座〜

DTM、DAWのスタンダード化により自宅録音の環境が整った現在では誰でもそこそこな作品ができてしまいます。

そのような状況のなか鼻歌やラインを使わずにエアレベルで録音した引き語りの曲やカラオケBOXなどで作ったデモ音源を「これが私です。」と手渡したとしても、正直なところ、あまり現在では説得力はありません。

ボーカリストの名刺

デモ音源の差と音楽に取り組む姿勢

「ボーカルだから関係ないや」と思っている方も居ると思いますが、時代が変わり誰でも気軽に低価格で高音質な自宅録音の環境を手に入れることが可能になった現在では、ボーカルのデモ音源の音質にもかなりの差が出てしまっています。

音楽をしている人にとってデモ音源は名刺みたいなものです。ボーカリストが「歌で勝負!」というのは当然のことですが、鼻歌やカラオケBOXなどでマイクを立てたエアレベルで録音した音質では、自分では良いと思っていても、顔も知らない第三者が聴けば、正直なところウンザリしてしまいます。

音質が悪いとワンコーラスどころではなく、サビに行く前に聴くのをやめてしまうというのも、けして珍しくないことです。詳しくは「作品を公開しよう」で書いていますが、デモ音源でその人の音楽に取り組む姿勢なども分かってしまいます。

 
 

声とは生きた証である

デモ音源を聴き直す

カラオケ文化の普及などにより、ひとりひとりの歌唱力は確実にアップしていますが「ただの歌好きのカラオケ自慢なのか」「表現者としての自分を意識しているボーカリストなのか」など、デモ音源を聴けば一目瞭然です。

そのためにデモを聴く側も音質や、ボーカリストとしての意識に関してはかなりシビアになってきています。

まずは自分のデモ音源を聴き直してみてください。特にプロ志向のボーカルの方で「こんな音源は評価されずに弾かれる」に書いている項目に一つでもあてはまっている方は要注意です。

ボーカリストも声は変わって行く

今ではCDやmp3で音楽を聴くことがが主流ですが、昔はレコードでした。レコードという言葉のもともとの意味は「記録」です。ボーカリストも年を積み重ねるごとに、声は少しずつ変わって行きます。

「声とは生きた証である」と述べる有名なシンガーもいます。歌の上手い下手は別にして、それぞれの人がその時期の声や感情を自己満足ではなく、何年経っても人に聴かせることのできる良い音質で残し記録しておくほうがいろいろな意味で良いと思います。

 
 

 
 

 

ボーカリストの自宅録音 | レコーディング講座 TOP