作詞の基礎講座4
〜言葉の響きとインパクト〜

ここまでの作詞の基礎講座01〜03を読んできた方は、作詞というのは文章として読まれているうちは、あまり評価の対象にはしてもらえず、自分の書いた詞が文章として内容が素晴らしく、綺麗に美しく整っているだけでは、良い詩であっても、けして良い歌詞ではないということを理解することができたと思います。

これは作詞だけでなく、作曲や編曲にも言うことができますが、作詞における手法や表現方法に関する考え方というものは、時代とともに「これじゃ駄目だ」が「これが良い」になり、「これが良い」と思われていたものが、古いので「これじゃ駄目だ」のように変わって行くこともあります。

オリジナリティーとポピュラリティー

時代と関係なく作詞で大切なこと

時代が変わっても一貫して作詞で大切なことは、詩的に優れていることはもちろんのこと、メロディーと歌詞がひとつになったときに、リスナーの耳に残り、時には「ハッ」とさせられるようなインパクトのある歌詞を作ることです。例えばミリオンヒットを記録した楽曲であっても、昔のヒット曲の…(つづきを読む

 

社会情勢を知り、一般常識を身につける

ポピュラリティーということでひとつ書いておくと、先程「オリジナリティーとポピュラリティーのバランス」でも触れましたが、社会情勢を知らないで、浮世離れしてた詞を書いても、なかなか評価されることはありません。また作家は時代に敏感でなければイケナイので、新聞を読むなりニュースを…(つづきを読む

 
 

リスナーに与えるインパクト

言葉の響きと歌詞決定ポイント

メロディーに歌詞という言葉が乗ります。ボーカリストはそのメロディーと歌詞を、自分の解釈でまとめあげ、ひとつの世界を作り上げます。これが歌です。詞を書いている方のなかには納得が行かないという方も居るかもしれませんが「リスナーが曲を聴くスタンス」でも触れているとおり、楽曲の主役は…(つづきを読む

 

インパクトを与える言葉

ここまでの講座を読んできた方のなかには、作曲家が作ったメロディーに、「どのような言葉を乗せたら、リスナーにインパクトを与えることができるのだろうか?」「ボーカリストが上手にメロディーと歌詞をまとめあげて、ひとつの世界を作ることができるだろうか?」など深く考えてしまった方も…(つづきを読む

 

作詞活動の場所が広がる

高いレベルでの活動

今回は作詞での言葉の響きとインパクトについてを「オリジナリティー」と「ポピュラリティー」に触れながら解説しましたが、今回の講座で書いたことを理解し、クリアすることができたときに、本当の意味での作詞活動の場所が広がって行きます。

しかし、作詞で上へ登って行こうとしている方が、もし言葉の響きとインパクトについてを理解しないままに、作詞活動を続けて行ったとしても、どれだけ活動を続けても、高いレベルでの活動は難しく、「作詞」ではなく「作詩」のままで終わってしまう可能性が高いです。

 
 

ページ更新日:2015年05月15日


作詞の講座 TOP